フルマブログ

【保存版】PS4でのゲーム実況に必要な機材や作り方を紹介

  • ゲーム実況
  • 動画制作
【保存版】PS4でのゲーム実況に必要な機材や作り方を紹介

目次

    うちの子が「PS4でゲーム実況動画を作りたい」と言っているけど、
    - やり方が分からない
    - 必要な機材が分からない
    そんな悩みを持っている保護者の方はいませんか?

    今回の記事では、PS4を使ってゲーム実況動画を作る方法や、その際に必要な機材について紹介しています!

    是非最後までご覧ください。

    PS4でのゲーム実況の著作権

    ゲーム実況動画を作成する際に、最も注意しなければならないのが「著作権」です。

    各企業によって、ゲーム実況の許可の有無や基準は異なります。

    そのため、まず初めにPS4のゲーム実況について、公式ホームページを確認していきましょう。
    PlayStationのホームページでは、ゲーム動画のアップロードについて以下のように述べられています。

    SIEゲームの動画、画像を、PlayStation®のシェア機能のように、ゲームが対応している機能を使い、対応しているオンラインサービス、ウェブサイト等へアップロートすることを許諾致します。その他のウェブサイト等でのご使用はご遠慮ください。

    参照)著作権について

    ※SIE→「株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント」の略称。
    SIEは「プレイステーション」に関するハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスの企画、開発、販売を行っている企業です。

    ゲーム実況の作成や配信自体が制限されているわけではありません。
    しかし、ゲーム実況動画のアップロードは、あくまでシェア機能などゲームが対応している機能を利用することが前提とされています。

    PS4のシェア機能には、録画禁止区間があらかじめ設定されています。
    この録画禁止区間は、ゲームのBGMの著作権やネタバレ、プレイヤーの個人情報に配慮するために設定されています。
    シェア機能を上手に活用しながら、ルールの中で楽しくゲーム実況動画を制作することが大切です。

    blog22_1.jpeg

    ゲーム実況の2つのパターン

    ゲーム実況動画には「動画投稿」と「ライブ配信」の2パターンがあります。

    動画投稿タイプのゲーム実況は、事前に撮影した動画に、文字や音楽を加えるなどの編集をしてからYouTubeなどにアップロードします。
    小学生にも大人気のまいぜんシスターズさんやヒカキンさんのゲーム実況動画は、動画投稿のタイプです。

    「ライブ配信」は、リアルタイムでゲームをプレイしている画面やプレイヤーの表情を配信します。動画の編集などは行いません。ゲームをしながら視聴者とリアルタイムでコミュニケーションを取れるのが特徴です。お笑いコンビ霜降り明星の粗品さんや、女優の本田翼さんがYouTubeでゲーム実況のライブ配信をよくやっているのが有名ですね。

    今日の記事では、「動画投稿」タイプのゲーム実況動画の作り方や必要な機材を紹介していきます。

    PS4でのゲーム実況に必要な機材

    PS4でゲーム実況動画を制作するためには、下記の機材が必要です。

    • PS4
    • USBメモリ
    • テレビかモニター
    • マイク付きヘッドホン
    • パソコンかiPad
    • SDカード

    各見出しでは、それぞれの機材の紹介や注意点を詳しく解説していきます。

    PS4

    PS4のゲーム実況動画を作るためには、当然PS4が必要です。
    容量や色などのバリエーションがあるので、ご自身の用途や好みにあったものを選んで使用してください。

    USBメモリ

    USBメモリは、撮影した動画を保存して、編集する機器に移すときに使います。
    PS4に差し込んだ状態でシェア機能を用いて撮影し、撮影後にデータをUSBメモリに移すようにしましょう。
    その後、USBメモリを取り出したらパソコンなど編集する機材に差し込んで、動画を移してください。

    テレビかモニター

    PS4でゲームをプレイしている映像を映すために必要な機材です。
    PS4とHDMIケーブルで繋げることによって、映像を映すことが可能になります。

    マイク付きヘッドホン

    マイク付きヘッドホンを利用することで、ゲームの音声を聞きながら自分の声を収録することが可能になります。
    ヘッドホンの端子は、PS4のコントローラーに接続します。
    blog22_2.jpeg

    パソコンやiPadなどの編集機材

    パソコンなどの編集機材は、録画したゲームプレイ画面を編集する際に使用します。

    以前はハイスペックなパソコンが無いと動画編集をするのは難しいと言われていました。
    しかし最近では、iPadのスペックの向上や編集アプリの増加によってiPadで動画編集を行う人も増えています。

    iPadはカナ入力ができることや、直感的な操作ができることが特徴で、小学生など初めて動画編集を行う際にもおすすめです。

    iPadなどUSBメモリを直接差し込めない機材を利用する場合は、iPadとUSBメモリを接続する専用の端子が必要になるので注意が必要です。

    PS4でのゲーム実況動画の撮影方法

    PS4でゲーム実況動画を撮影する際は、「シェア機能」を利用します。
    シェア機能は、コントローラーについている「シェアボタン」を使うことで簡単に利用することができます。
    blob22_3.jpeg

    【設定の変更】シェアボタンを短く押す

    シェアボタンを1度押すと、設定を変えることができます。
    初期設定では、ビデオの録画時間が15分になっているので注意してください。
    最大60分まで録画可能なので、必要に応じて長さを変えましょう。
    blog22_4.jpeg

    また、自分の声を動画に入れたい場合は、「シェアする音声の設定」から「ビデオクリップにマイクの音声を含める」にチェックを入れます。
    blog22_5.jpeg

    【スクリーンショットの撮影】シェアボタンを長く押す

    シェアボタンを長押しすると、画面のスクリーンショットを撮影することができます。
    サムネイルに利用したい場面など、写真を撮影する際に便利な機能です。

    【ビデオクリップの撮影】シェアボタン2回押す

    シェアボタンを2回押すと、ビデオクリップの撮影が開始します。
    ゲーム実況動画を撮影したい際はこの動作を実行してください。
    録画を手動で止める際は、再度シェアボタンを2回押してください。

    撮影した動画を編集するための準備

    録画した動画データをパソコンなどで編集するためには、PS4から録画データを取り出す必要があります。USBメモリにコピーして動画を取り出すようにしましょう。具体的な方法は以下の通りです。

    PS4で録画した動画をUSBメモリにコピーする方法

    まずは、PS4のメニューから「キャプチャーギャラリー」を選択します。
    そこで表示される「ビデオクリップ」の中から取り出したい動画を選び、コントローラーの「オプションボタン」を押します。
    blog22_6.jpeg
    blog22_7.jpeg

    すると、画面の右側にメニューが表示されるので、「USBストレージ機器にコピーする」を選んでください。
    blog22_8.jpeg

    その後、画面の表示に従って「コピー」や「OK」などを選ぶことで簡単にUSBメモリに動画をコピーすることができます。
    blog22_9.jpeg
    blog22_10.jpeg

    コピーが完了すれば、あとはパソコンなどに録画データを移し、編集をすることでゲーム実況動画が完成です。

    さいごに

    いかがでしたか?
    PS4でゲーム実況動画の撮影方法や、パソコンなどで編集するための準備の方法もお分かりいただけたかと思います。
    ぜひ、記事の内容を参考にルールを守って楽しみながらゲーム実況動画を作ってみてください!

    この記事をシェアする

    LINEで最新の記事を受け取る